【プログラミング学習】Pythonを学びたい人にオススメする書籍

近年耳にする機会が多くなったPython。可読性が高く、文法も単純なことから初心者から上級者まで広く親しまれている言語です。

「これからプログラミングやってみよう!」という人の第一の選択肢にぴったりな言語だと思います!

しかしながらいきなり難しい本を読んでしまうとプログラミングを諦めることになってしまうかもしれません。適切な難易度のものを買い、理解しながら一歩一歩進めることが上達までの近道です。

今回は初心者にオススメの本を3冊選んだので紹介しようと思います!

いちばんやさしいPythonの教本

最初に紹介するのがこの本。「いちばんやさしい」シリーズの本です!
初心者にも分かりやすく説明してあることでよく初心者にオススメされる本です。

実際にコードを書きながら学ぶので、成果を実感できます。
サンプルコードを書き写すだけではもちろん力はつきませんので、自分でをコードを書き換えながら学ぶことをおすすめします。

Amazonでも常に上位に表示されるので人気がうかがえますね!

ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング 

次に紹介するのがこの本。「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」です!

「ゲームを作ってみたい!」という理由でプログラミングを始めた人も多いと思います。
実はPythonでもゲームを作ることができます!

「ほかの言語はとっつきにくいけど、Pythonならできるかもしれない….」という方は、とりあえずPythonを学んで他の言語を学んでみるといいかもしれません!

「何かを作りたい!」というモチベはプログラミングをする上でとても大切です。
作りたいものを作りながら、学ぶことができるので一石二鳥ですね。
ゲームを作りたい人にぜひおすすめしたい一冊です。

またこの本はAmazon unlimited対象書籍ですので、unlimitedに入っている人ならば無料で読むことができます!

独学プログラマー

最後に紹介するのがこの本。おそらくPython本で一番有名な「独学プログラマー」です!

私も初めPythonを学んだときは子の書籍で学びました!
簡単すぎず、難しすぎない。ちょうどいい難易度の書籍でした。

章ごとに少し難しい実践問題を解きながら進めるので、なんとなくやったまま先に進むことはありません。
しっかりとした力が付きます。

完全な初心者の方には難しいかもしれませんが、かなりの良書ですので一度読んでみることをお勧めします!

まとめ

今回はPythonを学ぶときにお勧めの本を三冊紹介しました。
これからプログラミングを始める方の選択肢の一つになればと思います。

また次の記事でお会いしましょう!