【2020年版】Twitterの運用ツールを教えます!

SNSを用いた集客が主流になりつつある今、公式SNSを作成して集客をしている企業が増えてきました。

初期費用が低いこと、一人いれば十分運用できることを考えると、取り組まない理由がありませんね。その割にうまくいけば大きすぎるリターンを得ることができます。

しかしながら運用する立場になってみるとアカウントの管理やリプライに対する返信、フォロワーを整理すること等、予期していなかった作業に追われることになります。

単純作業ともいえるこの作業を効率化したいと思っている方は多いのではないでしょうか。

そういった煩雑な業務を効率化するTwitterのための運用ツールを紹介したいと思います!

Twitterを運用している企業の方だけでなく、個人でSNS運用している方も必見です!

Social dog

Social dogのトップページ

[公式HP]
https://social-dog.net/

「Social dog」は個人・法人を問わず、多くの人に使われているTwitter運用ツールです。現在40万を超えるアカウントで使われています。
Twitterの運用や効率化、自動化、分析、アカウント管理まで幅広くサポートしてくれます。スマホアプリもリリースされており、気軽に使うことができます!

私も愛用していますが、このような感じで表示されます!

フォロワーのグラフ

フォロワーの推移をグラフで確認したり、過去の日付でのフォロワーの数を振り返ることができるので「フォロワーの伸びが鈍化してきたから戦略を打とう」、「伸びの良かったこの日は何が違ったのだろう」等々、後ほど分析することもできるので便利です。

他にもリツイートしてくれたユーザーを抽出したり、フォローしていた30日以上ツイートしていない非アクティブアカウントを抽出することもできます!

Twitterを運用している人の希望にこたえたアプリなので満足できると思います!

料金ですが、Freeプランは無料で使うことができます。
昨日が一部制限されますが、個人で使う範囲では十分使えると思います!

Hootsuite

Hootsuiteのトップページ

<URL>
https://hootsuite.com/ja/

Hootsuiteは複数のSNSアカウントを一括管理できるサービスです。
Twitterだけでなく、Facebookなどのタイムライン等々を一度に表示できます!

Social dogと同じく予約ツイート機能もあるのですが、Hootsuiteの特徴としては投稿をカレンダーで管理できることです!

Hootsuiteの予約投稿画面

これはすごく便利。「何時に予約投稿したっけ」と思って予約したものを見返すけど、ごちゃごちゃしてよくわからないなんてことがよくありますよね。しかしながらこのツールを使えばいつ予約投稿をしたかを一目で確認できます!

Hootsuiteの無料プランでは3つまで管理できます。
また無料プランの場合、予約投稿の件数は30件までです。

Tweet Deck

最後に紹介するのが「Tweet Deck」です!
これは公式が提供しているもので非常にシンプルなものになっています。Twitterのアカウントを持っていればログインするだけで使うことができます。

tweet deckの画面

このような感じで複数画面を一括で確認できます!列ごとに確認できるので視認性は抜群ですね!

また一つのアカウントを複数人で管理することもできるので、企業で運営している方にはお勧めできます。

まとめ

今回はTwitterの運用ツールを3つ紹介しました!
全てを使う必要はありません。自分の目的/ニーズに合ったものを使いましょう。

これらの運用ツールを使って、皆様のTwitter運用が少しでも楽になればと思います!